@美容整形トップはじめての美容整形美容整形の種類 > 「声の美容整形」について

はじめての美容整形 ~美容整形の種類~

美容整形で声美人に!?外見だけじゃない!噂の「声の美容整形」とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「声の美容整形」について

外見を整える「美容整形」。顔や身体ばかりに気を取られがちですが......、実は「声」の施術もあるのです!
加齢と共に衰えるのは、内臓や肉体の内面も同じ。若いころは「高くてキレイな声」と言われていても、歳を重ねるごとに声帯の筋力が低下して、声質にも変化が起きてきます。そこで、今回は「声の美容整形」についてチェックしてみましょう!

アメリカや韓国では、声の美容整形がすでに話題沸騰!?

自信のある声、弱々しく感じてしまう声……。名刺交換でも、声の印象は大切ですよね。

美に関心の高いアメリカや韓国では、実は「声の美容整形」がすでに話題になっているんです!

アメリカの整形外科医は、「ボイス・リフト」という手術を始めています。
これは、加齢により筋力が落ちた声帯の開閉を手術によって補助するというもの。さらに首にインプラントや脂肪を入れ、コラーゲンや骨を作るハイドロキシ・アパタイトを口から注入していきます。
手術後2〜3週間程度で、しっかりした声で話すことができるようになるそう。

また、韓国には「音声整形手術センター」という専門病院があります
就職活動中の女性が、面接試験で決まって落とされる理由は『弱くて震える声』だと考え、声の専門病院を訪れたそう。
そこで受けたのは声帯への「ボトックス注射」。施術後は声の震えが改善され、面接に自信が持てるようになったのだとか。

初対面の人と話すときや、就職活動の面接ともなると、声も第一印象に大きく影響します
外見だけでなく、声も重要なものとして考えられますよね。

若い人?女の人?声の美容整形を受けているのって、どんな人?

アメリカでは社会人、韓国では学生から注目を集めている「声の美容整形」。
では、具体的にはどんな人が手術を受けているのでしょうか!?

年配の女性や男性 【主な理由】 低くしゃがれた声を高くキレイな声に戻したいなど、声のアンチエイジングのため。
就職活動中の学生 【主な理由】 面接で、面接官に対してより良い印象を与えたるため。
声にコンプレックスを抱いている人 【主な理由】 特徴のある声を改善し、コンプレックスを払拭するため。
ラジオのアナウンサーや声優 【主な理由】 加齢が原因で、出にくくなってしまった声を改善するため。
俳優や女優 【主な理由】 舞台などの芝居で使いすぎた声帯を取り戻すため。
政治家 【主な理由】 より良い声で演説を行い、印象を良くするため。
性転換をした男性 【主な理由】 男性特有の低い声を高くするため。

声を変えるって……、いったいどんな方法で美容整形するの?

声の美容整形を受けたら、苦手だったカラオケのことも好きになるかも!?

「声の美容整形」があることはわかっても、どんな治療を行うのかって、なかなか想像がつきませんよね。
現在行われている「声の美容整形」には、以下のような施術方法があります。
輪状甲状軟骨接近術 【目的】 声を若返らせる
高い声を出すためには、声帯の「張り」「厚み」「長さ」が重要なポイント。
そこで声帯を支えている甲状軟骨(のど仏)の位置を調整することで、声の高さ改善させていきます。
声帯の下にある輪状軟骨と甲状軟骨を糸で引き寄せ、声帯に緊張を持たせることで高い声が出る状態にするのです。 ヒアルロン酸注入 【目的】 加齢による声枯れの改善
声帯内に直接ヒアルロン酸を注入します。喉に表面麻酔をして、注入していきます。
日帰りで行うことができるため、手軽に施術を受けることができます。
また、美容クリニックによっては、健康保険診療の範囲での施術が可能です。 ボトックス注入 【目的】 声帯が衰えるなどして、出にくい声の改善・痙攣(けいれん)性発声障害の治療
声帯内筋にボトックス注射をします
蒸気の麻酔薬を吸い込み、鼻から内視鏡と麻酔液を通し、声帯の両側に注射を打ちます。
個人差はありますが、施術後1週間程度は声が出にくくなり、その後に安定していきます。
声の詰まりや震えが解消され、声が出やすくなります。


おわりに 「自己紹介をすると声で笑われる」「幼いころ友達にからかわれた」……など、声にコンプレックスを持っている人もいるもの。
顔や身体と同じように、「声」も立派な外見の一つです。悩んでいる人は、まず医師に相談してみましょう!
少しでもコンプレックスが解消できれば、もっと幸せな人生を送れるようになるはずですよ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい!関連記事

美容整形を受けると自信がつく?体験モニターの声を聞いてみよう!

このページのトップへ

▲PAGE TOP